市議団だより−議会&市政の報告

【17.09.04】9月市議会 根本議員の一般質問

防災ラジオ 無料配布や補助制度を

 9月4日、9月市議会一般質問で日本共産党の根本みはる市議は、防災対策の充実について質問しました。市民のみなさんが強く要望してきた防災ラジオの導入に際し、補助制度の創設を求め、災害から市民の命を守る対策強化を提起しました。

 来年度から、念願の防災ラジオが導入されることになりました。全市域で受信でき、自動受信する機能があります。地域住民の皆さんが努力して署名を集められ、昨年9月、市議会には請願書が提出されていました。この防災ラジオが普及し、すべての住民に的確に必要な情報が伝達されるための制度が必要です。
 みよし市はすでに導入をし、昨年度、先着300台に行列ができ、150台を追加。今年度も追加の募集が実施され、購入の補助制度を作って3000円で購入できます。富士宮市では、1人暮らし高齢者、住民税非課税世帯など生活の困難な方に無料配布を実施しています。豊田市では、現在、制度設計の最中ですが、根本市議は防災ラジオを広く普及するためには、無料配布と、購入する場合の補助制度をつくることを提案しました。
 (写真は、導入予定のラジオと同型の防災ラジオ)  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)