市議団だより−豊田のまちから

【17.07.03】アベ政治を許さない3日行動

政治姿勢に対する市民の怒りを表現

 7月3日13時から豊田革新懇の主催で「アベ政治許さない」スタンディングがおこなわれ、東京都議選の結果が出たことで、「頑張って」と声をかける方、通りがかりに一緒にプラカードを持って行く方もいました。安倍政権への「もう我慢できない」という怒りを表現する場が求められています。
 今回の都議選のマスコミ各社の出口調査では、無党派層・支持政党なし層の投票先として、日本共産党が都民ファーストの会に次いで第2党になりました。自民対日本共産党の構図が分かりやすく、「朝日」は共産党の候補者が「安倍政権も小池知事も支持しない層の受け皿になっている」と報じました。
 安倍政権になって、秘密保護法が強行され、安保法制=戦争法が強行されました。このときも非常に強い怒りがひろがって、内閣支持率が下がりましたが、今回は、そうした安倍政権のすすめる政策に対する批判だけではなく、安倍首相の政治姿勢に対する怒りが深くひろがっています。
 国政の私物化、異論に耳を貸さない強権政治、国会答弁にみられる傲慢と横暴が際立って、安倍首相の政治姿勢、資質、体質に対して、強い嫌悪感が広がっていると言えます。
 スタンディングのトークでも、野党と市民の共同を広げ、解散・総選挙に追い込み、安倍政権を倒そうと力強い発言がありました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)