市議団だより−豊田のまちから

【17.06.16】共謀罪法案の採決強行に抗議

もとむら伸子衆院議員が国政報告

   参議院本会議で共謀罪法案の採決が強行された翌日、「6・16怒りの行動」が豊田市駅前にて行われました。豊田革新懇(平和と民主主義・革新統一をすすめる豊田懇談会)の主催で、約40人が参加。
 国会から、もとむら伸子衆議院議員も駆けつけ、一般人のメールやラインも監視の対象となる問題点などを批判。「共謀罪を廃止にしよう」「野党は共闘」などコールを行い、今後もたたかいを続けていく決意が示されました。
 歩行者の方々から、手をふっての賛意や声援も寄せられ、用意したポケットティッシュは全て受け取られました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)