市議団だより−市議団の主張

【17.06.08】部活動・朝練の改善を

日本共産党豊田市議団が教育長と懇談

 日本共産党の大村・根本両市議は、6月1日、市教育委員会が中学校に「部活動の休養日についてのガイドライン」を出したことについて、福嶋教育長と懇談をおこないました。
教員の多忙化が深刻となる中、1月には、文部科学省は部活動の休養日を適切に設けるよう求める通知を全国の教育委員会などに出しています。
 豊橋市教育委員会は、平日・土日の休日設定と、朝練習の禁止を明確にしており、
3月議会でも、大村市議が「朝練については、睡眠不足や朝食の欠食につながることもあり、医学的には決して推奨できるものではない」として、
原則実施しないように求めていました。再度、教育長に直接、改善を求め、現場からの意見を聞く中で、検討していくとのことでした。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)