市議団だより−豊田のまちから

【17.04.20】原発再稼働許さない!

復興大臣の暴言”謝って終わり”じゃない

   東京電力福島第1原発事故で自主避難を余儀なくされた被害者にたいして、今村雅弘復興大臣が「本人の責任だ」「裁判でもなんでもやればいい」などと国の責任を放棄する暴言を述べたことに、怒りの声が広がっています。
 今村氏の発言は、福島原発事故は「人災ではない。自主避難も自己責任だ」というものであり、原発被害自体を無視し、なかったものとするものです。今村氏は、同日院復興特別委員会で「自己責任という言葉は非常にまずかった」と謝罪し、それで終わりにしようとしています。
「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」は6日、首相官邸前で「被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない!緊急抗議行動」を行い、「原発事故に私達は何の責任もない。3月には自主避難者の住宅支援が打ち切られ、避難指定が解除された人たちも支援が打ち切られていく。復興担当大臣として苦悩する人たちに対してあまりにも無責任な発言だ」と訴えました。安倍首相の大臣任命責任も深刻であり、首相の資質・資格が問われています。
 14日、さよなら原発豊田市民行動連絡会がおこなっている金曜日行動で、国や東電の加害責任を認めない姿勢への怒りの発言があふれました。集会後、中電までデモ行進をおこない、「原発いらない!再稼働反対!」と声をあげました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)